azlyrics.biz
a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 #

3776 – 長月九拍子嬰ハ調 (september) lyrics

Loading...

[歌23: まなこ雲]

夏の間イチャイチャしすぎたかな
いつもそうだね
10月冷たい空気が二人の
熱覚ましてくれるの

そしてどちらからともなく言い出す
いつものこと
お互いのためってどうなんだろ
そんなこと思いつつ

ハロウィン限定じゃない
仮装し続ける私
掻巻笠に雨俵
うね、 わた、 入道、 ひつじ、 すじ
どれが本当の私かわかる?

高度1万メートルの高さから
空いっぱいに広げた
まなこは幾千万
せめて姿よく見せて
高度1万メートル離れると
やっぱりちょっぴり寂しい
ねえダーリン
茜色に染まったら
戻っていいかな?

夏の間イチャイチャしすぎたから
いつもそうなの
嫉妬深い野分が二人の
仲をかき混ぜに来る

それから声にも敏感になっちゃう
よく言うよね
邪魔だまとわりつくな消えろとか
基本気にしないけど

複雑な気分の時は
形もバラバラ散って
掻巻笠に雨俵
うね、 わた、 入道、 ひつじ、 すじ
どれが本当の気持ちかわかる?

高度1万メートルの高さから
空いっぱいに広がる
まなこは幾千万
うろこやいわしじゃないよ

高度1万メートルちくちくと
飛行機が意地悪してくる
ねえダーリン
いつものようにそろそろ
キスしに行ってもいいかな?
笠のフリして
人目につかないよう