azlyrics.biz
a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 #

22/7 (nanabun no nijyuuni) – yasashii kioku lyrics

Loading...

ナナニジ 「やさしい記憶」歌詞

狭い校庭のフェンスの脇
咲いてた花の名前 なんて言ったっけ?
みんな知らなくて調べたんだ
僕の植物図鑑 片隅に載ってた

忘れることって便利だと思う
クラスメイトの誰かまで
どこかに消えてしまったよ

やさしい記憶なんて あやふやで
これ以上 僕のこと傷つけはしない
悲しいことは きっと勘違い
人に聞いたのを信じ込んだだけ
終わったことなんか終わったままでいいよ

夏の教室の日差しの中
窓際の君のこと いつも盗み見た
何も言い出せず 秋になって
やがて心の花も枯れてしまったよ

覚えてないのは悲しいからだろう
過ぎた月日の思いやり
あの日の自分は嫌いだ

ホントの記憶 どこかぼんやりと
切ないベールで守ってくれてる
真実なんてどうだっていいことなのか?
人はそう過去を美化してしまうよ
未来はいつだって上書きのためにある

やさしい記憶なんて あやふやで
これ以上 僕のこと傷つけはしない
大事なことは ある日 振り向けば
ほんの一瞬だけ 思い出すものさ
どうでもいいことなんかどこにもないと知った